2009年06月20日

上岡龍太郎氏の講義に何かを感じた。

上岡龍太郎(googleイメージ検索)

旨く表現できないんだけど、ちと動画を見て欲しい。

上岡龍太郎(wikipedia)








先人から学ぶって事はこういうことなんだなあと。


空気をふるわせる芸があって、楽屋はその醸成の場だった。
楽屋は芸人の修行の場だった。
テレビが出来てから、楽屋は廃れ始めた。
テレビは舞台の芸をそのまま映すことはできるが空気までは届けられなかった。
そう、空気である。
「空気の一体感があってこそ面白い芸」を修行して来たのに、
空気を寸断されるテレビというものが出てきたために、
素人芸のほうがウケるということになってしまった。
あとは堕落していく。


空気を作る芸→インパクト(素人芸)へ、の堕落。
そう考えると、テレビというものが出てきて
芸人がテレビ向けに順応していく段階で、
この国から何か大事なものが無くなっていったということだろうか。


上岡氏についてはこの動画も見ておくべき。


今回一連の動画を見て、
私の中で勝手に畏敬の念が芽生えた。

滝田栄氏と上岡龍太郎氏を尊敬してます。

同じカテゴリー(りやる日記)の記事
 BLOGの作り方 (2009-09-29 10:49)
 書評『就職に強い大学』読売新聞発行 (2009-09-16 21:02)
 鄭問之三国志(チャンウェンのさんごくし) (2009-08-30 02:42)
 私的ブックマーク:宮川俊彦氏 (2009-08-27 09:50)
 ケータイで撮ってみた朝顔 (2009-08-05 09:47)
 最近衝撃を受けた動画... (2009-07-27 08:08)

Posted by かた焼きそば  at 18:35 │Comments(0)りやる日記

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。